> キャッシングで他社借入は不利である

キャッシングで他社借入は不利である

キャッシングにおいて他社借入は不利になります。
他社での借入にはすでに借金を持っているという事を意味するので、
キャッシングの申し込みをする時に他社借入をしている場合は、
それだけ審査において自分の返済能力等の評価で不利になります。
審査に合格する難易度が上がることを知っておきましょう。

どうしてもキャッシングの審査で合格をしたいなら、
他社の借金を全て完済しておくのがよいです。
そうすれば、自分にとって不利な状況でもなく、有利に審査を受けることができます。

数社からのキャッシングで1社で借りるよりも借入が
可能な場合があるが注意が必要

また、キャッシングを数社で利用しようと考える場合、メリットとしては
1社において大きな利用限度額を認めてもらうことが難しいので、
複数の会社で小口の申し込みをして総額として大きな金額を狙うほうが簡単になります。

しかしながら、その場合でも上記のように1社の契約が増えることによって、
次の審査は厳しくなることを覚えておきましょう。
また、このように複数のキャッシングでは小口融資を他社借入することで、
各社の利率は上限利率が適用されやすいので、仮に総額として100万円を
キャッシングする場合でも他社借入を含めて借りる場合と1社で100万円を借りる場合なら、
1社で100万円を借りる方が利率は有利になります。これは借入金額によって利息制限法で
上限金利が設定されているからです。
このように他の会社で借金を持っているというのは色々と不利になってきます。

入口は無利息キャッシング 比較で負担なく借り
二回目は通常の会社に借りという流れで返済済みであればそこまで不安に思う必要はありませんが
総額が上記案内の通りであればしっかりとした計画を立てたほうが良いでしょう。