> 年収600万円の人のキャッシング

年収600万円の人のキャッシング

平成22年6月に施行された法律により、
貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社など)が
年収の3分の1を超えるキャッシングをすることを原則禁止されました。
これを総量規制と言います。これは借りすぎや貸しすぎを
防止するために制定されたものです。

年収600万円の人は200万円までの借入れに制限

例えば年収600万円の人のキャッシング限度額は単純計算で200万円となります。
(もちろんその人の信用度や収入によって実際の融資額は変動します)
ただし、例外もいくつか存在します。

総量規制には例外もある

例えば銀行は貸金業者ではないため、銀行からのキャッシングは
総量規制の対象外となります。銀行のカードローンも同様です。
たとえ年収600万円の人が貸金業者から200万円のキャッシングを
既に受けていたとしても、銀行側が「融資可能」とさえ判断すれば
融資を受けることができるというわけです。
但し借り入れ前は銀行カードローンとノンバンクの特徴で述べているとおり
注意が必要です。むやみに借りればいいというものではないということは理解しましょう。

もちろん、クレジットカードによるショッピングも除外となります。
他にも不動産購入などにかかわる貸付けや自動車購入時の自動車担保による貸付け、
高額療養費の貸付けなどは総量規制の残高から除外されたり、
顧客に一方的有利となる借換えや緊急の医療費の貸付け、
配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けなどについては
総量規制の残高を超えて貸し付けが可能だったりと、一言で「総量規制」と
言っても様々な抜け道が存在するのは事実です。
キャッシングを受ける前に、まずは自分の現在のキャッシング残高を確認してみましょう。