> 銀行カードローンとノンバンクの限度額の違い

銀行カードローンとノンバンクの限度額の違い

キャッシングには銀行系とノンバンクの2種類があります。
銀行カードローンは、名前の通り銀行が行っているキャッシングです。
それに対して、ノンバンクは銀行以外、つまり消費者金融、信販系、
クレジットカードが行っているキャッシングです。

銀行カードローンとノンバンクの特徴

銀行のキャッシングは、貸付限度額が大きいという特徴があります。
金利も低めに設定してあります。 しかし、その分審査も厳しいため、希望に添えない事も多々あります。
目的ベースで言うと借入を即日でしたい方向けの融資はノンバンクのほうが比率的に考えた場合ですが多くのノンバンク系が対応しています。銀行カードローンも対応しているところはありますが現状数える程度という状況です。

ノンバンクは、貸付限度額は銀行カードローンに比べれば低めに設定してあり、
金利も高めの設定ですが、審査は比較的緩いという特徴を持っています。
この2つの決定的な違いは、銀行系は総量規制の対象外という事です。
総量規制は、貸付できる金額は、借り手の年収の3分の1を超えては
いけないという法律です。

それは、1社からの借り入れに関わらず、
全ての総量規制にかかる借入を合算した額になります。
銀行キャッシングは、その総量規制の対象外なのです。
ですから、大口の借入が必要な時、いくつかのローンをまとめたい時にとても役に立ちます。
したがって借り入れできる金額にも差が生まれるのです。

収入や信用度によっては総量規制の範囲を超えた借入が可能だが借りすぎには注意

しかし、当然注意点もあります。
総量規制がないため、収入に見合わない額の借り入れも不可能ではありません。
ほとんどの場合が、審査の段階でNGとなる場合が多いようですが、
借入をするときは必ず自分で返済ができそうな額なのかを十分熟考する事が大切です。

キャッシングは審査に通る事よりも借入をした後の方が大切ですので、
先を見越した借り入れをすることが重要になります。