ノンバンクは非銀行系の貸金業者

貸金業者の中に、「ノンバンク系」という言葉をよく聞きます。
これは怪しい業者なのかというと、決してそうではありません。
ノンバンク系というのはどのような業者なのかというと、
預金者や預金用の銀行口座を開設していない、そんな金融業者のことです。
つまり、銀行以外の貸金業者のことを言うのです。
銀行カードローンとノンバンクの限度額の違い」の記事で銀行カードローンと
ノンバンクの特徴について書いてます。お時間あれば一読を。

ノンバンクだからと言ってデメリットは特にない

ノンバンク系だからといって、特段デメリットがあるわけではありません。
あえていえば、銀行口座を持っていても得にはならないということです。
銀行でも最近では、カードローンというものを行っております。
カードローンというのは早い話、消費者金融のキャッシングと同じようなもの。
銀行のカードローンに申込みをするとき、もちろんその銀行の口座を
持っていなくても問題はありません。
しかし、その銀行の口座を持っていると、メリットがあるのです。
それは、審査が簡略化されるということ。
預金口座を開設する時点で、それなりの審査は行っております。
ですので、改めて審査を行う必要はさほどないというわけです。
しかし、それ以外のメリットというのはありません。

利便性はノンバンクの方が良いかもしれない

ノンバンクの貸金業者であっても、他の銀行の口座を使って
口座引き落としや振込みをしてもらうことはできます。
利便性から言うと、むしろノンバンク系のほうが高いといえるかもしれません。
銀行系のカードローンの場合、中には口座開設を求めるところもあるからです。
利便性の低い口座を開設するより、今ある口座を有効活用できたほうがいいです。
ノンバンクを利用するか銀行カードローンを利用するのか?それぞれ特徴があるので
自分の状況に応じて利用する会社を検討すると良いでしょう。

カードローンお勧め.com